日本橋 耳鼻咽喉科 花粉症 難聴 めまい 耳鳴り 副鼻腔炎

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック|花粉症 難聴 めまい 耳鳴り 副鼻腔炎

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックの診療時間:午前は10:00~13:00、午後は14:45~18:30。休診日:木曜・土曜午後、日曜・祝日

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックは東京メトロ東西線、銀座線、都営浅草線「日本橋駅」より徒歩1分

03-3242-3387

よくあるご質問はこちら

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックの問診票ダウンロード
事前にご記入いただきますと受付をスムーズに行うことが出来ます。
大河原大次院長の耳・鼻・喉のコラム
痰(たん)は病気のサイン?
耳のしくみと役割
慢性副鼻腔炎とは?
鼻から臭いがする
頻繁な鼻血。病気?
鼻血の対処法
耳掃除は毎日必要?
花粉症について
補聴器について
若者に多い難聴
突発性難聴
突発性難聴Q&A
低音障害型感音難聴
音響外傷(ヘッドホン難聴)
滲出性中耳炎Q&A
鼻中隔弯曲症Q&A
繰り返す扁桃炎、手術が必要?

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックのメディア掲載情報

イライラ花粉症を乗り切ろう!

春が近づくとともに毎年、多くの人が悩まされる花粉症。花粉が飛び始めてからあわてないためにも、早めに対策を立てましょう。

医療費の面から見ても、花粉症は早期対策がおすすめ!

日本人の約5人に1人が悩み、今や「国民病」とも呼ばれる花粉症。

そのため、医療費などの負担も大きく、損失額は2000年の時点で3,000億円近くに上ると推定。

現在は花粉症患者も増えているため、それを上回る金額になると推測されます。症状が重くなれば、その分医療費の負担も大きくなりますので、毎年悩まされている人はもちろん、症状の軽い人や発症していない人も、早めに対策を立てて花粉症に備えましょう。

どうしてなるの?花粉症のメカニズム

発症メカニズム

花粉症はアレルギー疾患の一種で、体が起こす過剰な免疫反応です。目や鼻などから花粉が体内に入り、体がそれを異物とみなすと抗体をつくって対抗しようとします。その抗体が花粉と反応すると化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、鼻づまりや目のかゆみなどを引き起こすのです。

発症時期

花粉症の原因で代表的なスギ、ヒノキの花粉は春に大量に飛散するため、「花粉症」と聞けば春のイメージが強いでしょう。 しかし、花粉症の原因となる花粉には約60種類があり、ほぼ1年中花粉症は発症する可能性があります。 原因となる花粉の種類や飛散量、飛散時期は地域によって異なるため、花粉情報は下記のサイトなどで確認しましょう。 

環境省花粉観測システム「はなこさん」
http://kafun.taiki.go.jp/

おすすめ花粉症対策 ~基本 身の回りから対策~

症状の軽い人も重い人も、まずはセルフケアで対策を
症状をなるべく抑えるために、まずは花粉に触れないことが基本です。
日常生活からこまめに対策をしていきましょう

外出

帽子
髪への付着を防ぎます。つばの広いものを選びましょう。
メガネ
コンタクトレンズを使用している人もメガネに変えたほうがよいでしょう。
フレームの大きいものがおすすめです。
マスク
なるべく顔にフィットするものを選び、毎日交換しましょう。
花粉がつきやすいウール素材は避け、表面がさらさらした素材を選びましょう。

室内

部屋
  • 家に入る前に服についた花粉を払いましょう。
  • 手洗い、うがい、洗顔などをし、花粉を洗い流しましょう。
  • 花粉の飛散量の多いときは、窓や戸を閉めておきましょう。
  • こまめに部屋を掃除。床は濡れたぞうきんでふくのが効果的です。
洗濯
洗濯物や布団は部屋干しがベスト。外に干す際は午前中は避け、取り込む際は花粉を払い落としましょう。

おすすめ花粉症対策 ~応用 薬で対策~

セルフケアでも楽にならない人は薬で症状を抑えよう。

1.症状が出る前に(初期療法)

花粉が飛散する前に薬を飲み始めれば、症状の出現を遅らせたり症状を軽くすることができます。
花粉の飛散時期を確認し、飛び始める2週間ほど前から開始するのがよいでしょう。

抗アレルギー薬(第2世代抗ヒスタミン薬)
副作用は少なく、くしゃみや鼻水の症状に有効です。
化学伝達物質遊離抑制薬
アレルギー発症に関連する細胞から化学伝達物質の放出を抑える薬です。

2.症状に合わせて(対症療法)

内服薬と直接患部に薬をつける局所治療薬があり、それぞれ組み合わせて使います。
使用する際は、医師または薬剤師とよく相談をしましょう。

第1世代抗ヒスタミン薬
すぐ効果がでますが、口が渇く、眠気が出やすいなどの副作用もあります。
抗ロイコトリエン(LTs)薬
特に鼻づまりに効果があります。服用後、およそ1週間で効果が出始めます。
鼻噴射用ステロイド薬
鼻に直接噴射する薬剤。鼻づまり、くしゃみ、鼻水の症状に有効です。
点眼薬
化学伝達物質遊離抑制薬や抗ヒルタミン薬の点眼薬が一般的。
症状が強い場合はステロイドの点眼薬を使用する場合もあります。

花粉症の薬もジェネリックにすると安くなります!

ジェネリック医薬品って?

医師に処方される薬には先に開発された「新薬」と、新薬の特許が切れたあとに同じ有効成分で製造され効果・安全性が同等と認められた「ジェネリック医薬品」があります。ジェネリック医薬品は値段が安いため、花粉症など定期的・継続的に薬を服用するときには費用を抑えることができます。

花粉症Q&A

花粉症が飛びやすいのはどんなとき?
花粉の飛散量が多くなるときは、「晴れて気温が高い日」「空気が乾燥していて風が強い日」「雨の降った翌日の晴れた日」などです。特に、午前中に飛散した花粉が風にのって市街に飛んでくる正午前後と、上空に舞い上がっていた花粉が落ちてくる日没後は、注意が必要です。
どうして毎年花粉の飛散量が変わるの?
前年の気候により花粉を飛散させるスギの雄花の量が変化するためです。前年の夏に、気温が高く雨が少ないと翌年の花粉の量は増えるといわれています。
花粉が室内に入っても空気清浄機をつけていれば安心?
花粉症対策には空気清浄機よりも加湿器の方がおすすめです。鼻炎症状の大敵は乾燥。加湿器などで室内の湿度を60~70%に保ち、鼻粘膜に潤いを与えることが症状の改善につながります。
花粉のピークが過ぎれば、もう対策しなくても大丈夫?
対策はシーズンが終わるまで行いましょう。ピークが過ぎれば飛散量は減るものの、まだまだ花粉症の症状が出る人が多い時期。マスクや抗アレルギー薬の服用などの対策は症状がなくなるまで続けましょう。
服装や薬以外に何か対策はできないの?
花粉症の原因のひとつに免疫力の低下が挙げられます。そのため、1.睡眠を十分にとる、2.ストレスをため込まない、3.バランスのよい食事をとる、など規則正しい生活をこころがけましょう。
また、アルコールやタバコなどの刺激物を控えることも大切です。生活の改善は花粉症を発症していない人が発症を予防する際にも有効ですし、花粉症以外の失敗対策にも有効です。

(「イライラ花粉症を乗り切ろう!」に掲載)