日本橋 耳鼻咽喉科 花粉症 難聴 めまい 耳鳴り 副鼻腔炎

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック|花粉症 難聴 めまい 耳鳴り 副鼻腔炎

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックの診療時間:午前は10:00~13:00、午後は14:45~18:30。休診日:木曜・土曜午後、日曜・祝日

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックは東京メトロ東西線、銀座線、都営浅草線「日本橋駅」より徒歩1分

03-3242-3387

よくあるご質問はこちら

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックの問診票ダウンロード
事前にご記入いただきますと受付をスムーズに行うことが出来ます。
大河原大次院長の耳・鼻・喉のコラム
痰(たん)は病気のサイン?
耳のしくみと役割
慢性副鼻腔炎とは?
鼻から臭いがする
頻繁な鼻血。病気?
鼻血の対処法
鼻血の応急処置
耳掃除は毎日必要?
花粉症について
補聴器について
若者に多い難聴
突発性難聴
突発性難聴Q&A
低音障害型感音難聴
音響外傷(ヘッドホン難聴)
隠れ難聴
滲出性中耳炎Q&A
鼻中隔弯曲症Q&A
繰り返す扁桃炎、手術が必要?

耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニックのメディア掲載情報

鼻中隔弯曲症Q&A

鼻中隔(びちゅうかく)弯曲症と診断され、手術をすすめられました
どんな手術ですか?
55歳、男性。10年前からいつも鼻づまりに悩まされています。
耳鼻科では、アレルギー性鼻炎といわれ点鼻薬を使用しましたが、一時的にしかよくなりません。
先日病院でレントゲンをとったところ、鼻中隔弯曲症と診断され、鼻中隔矯正(きょうせい)術をすすめられました。
手術で改善されるのでしょうか?手術法も含めて教えてください。
鼻中隔の曲がった軟骨を取り除く手術で
強い鼻づまりの改善も期待できる
鼻中隔弯曲症は左右の鼻を分け隔てている衝立(ついたて)(鼻中隔)が曲がっている病気です。病気といいましたがまっすぐな人はほとんどおらず、多かれ少なかれ曲がりはどの人にもあります。

鼻中隔は、中心が軟骨で両面が粘膜で覆われており、その弯曲の程度が強いと鼻の中が狭くなり、鼻づまりに悩まされることになります。原因は鼻をぶつけるなどの外傷性のこともありますが、多くは成長期に鼻中隔軟骨と周囲の骨の成長のズレから、硬い骨がやわらかい軟骨を圧迫することで、弯曲がおこってきます。S字状に曲がったり、片方に強く曲がったりとさまざまです。

症状としては鼻づまりで、鼻汁やくしゃみはおこりません。しかし、ご相談の内容からアレルギー性鼻炎もあるとのこと。粘膜が腫れ、強い鼻づまりや、鼻水、くしゃみの症状があるようですから、おつらいことでしょう。

鼻中隔弯曲症は、耳鼻科専門医が鼻の中を診察するとすぐに診断できます。治療に関してですが、残念ながら曲がった軟骨は薬では治らず手術が必要となります。

手術は鼻の入り口から1cmほど奥で行います。曲がった部位の軟骨のみを取り除き、表面の粘膜は残すので、穴が開くこともなく鼻の外観上も変化はおこりません。

アレルギー性鼻炎がある人はいっしょに肥厚した粘膜を切除する下鼻甲介(かびこうかい)切除術も行うとより効果は高く、鼻水やくしゃみも改善します。手術時間は1時間程度で、約1週間の入院が必要です。点鼻薬や内服薬はある程度の改善を見込めますが、効果は一時的なので、薬をずっと使いつづけるのがわずらわしい人、症状の強い人には手術をおすすめします。手術効果は、ほぼ一生ものと思っていただいてよいでしょう。

鼻中隔弯曲症は、鼻づまりが原因で集中力を欠いてしまったり、いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因になることもあります。また、鼻呼吸ができないことから有酸素運動に影響が出る、という理由で手術を受けるスポーツ選手もいます。耳鼻咽喉科専門医で、手術のできる設備があれば可能ですので、よく相談してから、手術を受けられることをおすすめします。

(Health&Life2014年8月号に掲載)